生活衛生業

今回の騒乱で、あらためて深く意識するようになったんですけれども、

知らない方も多いかと思いますけれども、

美容室は業種で言うと「生活衛生業」とか「環境衛生業」と呼ばれる業種に分類されます。

管轄は保健所です。

ですので保険センターの環境衛生監視員の指導・監視のもとに初めて営業をゆるされているのですけれでも、

この生活環境衛生業。他にはクリーニング業、旅館・ホテル業、飲食業、公衆浴場業等の身近に利用されるもので

特に衛生に関しては厳しく管理されているはずなんですね。

一時期、というか今でもかもしれませんが、美容師というチャラついたイメージとは裏腹に、
細菌とは何か。ウィルスとは何か。衛生管理の方法などのプロであることも、要求されるんですね。

美容師の国家試験には、関係法規のほかにも、
公衆衛生・環境衛生や、感染症、衛生管理技術、人体の構造及び機能、皮膚科学、などの、

見た目に関する「容姿を美しくする」「整える」などよりも

衛生に関する試験や指導のほうに重点が置かれております。

確かに、今回のようなコロナウィルスみたいな未知のウィルスに関しての確かな予防法や治療法などは確立はされていませんが、

「手洗い・うがいをしっかりやりましょう」というような至極当たり前の、それこそ何十年も前から言われていることを徹底して、

免疫力を損なわないように、きちんとした栄養とって、よく寝る。

以上のことで、もし足りていないものがあれば、栄養であればサプリメントがあるし、よく眠れないなというときには然るべき処方をされた薬に頼るといった方法もあるわけです。

これから出てくるのは、ウイルスショックに便乗した悪徳業者の輩かと思いますので、どうぞ皆さま、過度に不安を煽られてまんまと騙されたりしませんよう、ご注意くださいませ。ご高齢の方がおられるお宅は特にです。

うちも母親がちょっと、心配です。ちょっとしたことでも、「良い」と言われるものをなんでも買っちゃうから。はあ。

その道のプロと呼ばれる人に確認してみてもよいかと思いますし、
私にご相談くだされば、わかる範囲内でお答えすることもできます。

わからないことがあったら、
やっぱり私も、より詳しい専門家及び機関にその都度、確認します。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください