やっと手に入りました

こちらの余市 ウッディ&バニラ12年。

通常価格が6千円ほどなんですが、
最近ウィスキー市場がおかしなことになっておりまして、
価格が、ふつうに倍以上になってます。なんでだ。

というわけで行ってまいりました。
北海道は余市のニッカウヰスキー蒸留所。

ここで作っているので、定価で買えるんです。
ちなみに。おひとりさま3本まで。

動画は、この蒸留所の見どころである、
この蒸留棟の「石炭直火蒸溜」。

蒸留中のお酒と石炭がほのかに香って、良い匂いでした。


単式蒸溜器(ポットスチル)が並ぶ蒸溜棟です。余市では、昔ながらの石炭による「石炭直火蒸溜」が行われています。
「石炭直火蒸溜」は温度調節が難しく、熟練の技が必要ですが、その分、芳ばしい香りと力強い味を持ったウイスキーができあがります。
モルトウイスキーは、単式蒸溜器(ポットスチル)で2回蒸溜を行い、アルコールをとりだします。
こうして出来ましたウイスキー原酒はアルコール度数65%程度、無色透明ですが、樽に詰め、貯蔵、熟成することで香味はまろやかになり、ウイスキー特有の琥珀色へと変わってまいります。


https://www.nikka.com/guide/yoichi/map/map03.html  
ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所 HPより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください